オーディオで拘ったところ

オーディオ関係にはそれなりにこだわっているんですが、割と俗説的なこととして、極端にフラグやコードを良いものにすることによって、かなりしっかりとした音質を出すことができるというのがあるのですが、はっきり言って人間の知覚できるレベルではありませんので、私はそんなには気にしていないです。
もちろん良いメーカーものものを使うことによって、かなりメリットを出すことができるのですし、音響という名前の通り、劇場のような音響特性で反射することをよく考えて配置することによって、それなりに安いオーディオでも美しく聞くことができるようになります。
その辺りをこだわっているのが、私のタイプの人たちであるわけです。難しいことではあるのですが基本的には音響というのは、計算で意外と判断ができるようにはなっています。
音楽を聴く方法としてポータブルのものもあったりするのですが私もそちらの方はしっかりと思っています。持ち歩けるというのは素晴らしいことですし、それにも音質をそこそこ気にするようになっています。